TMAX530がモデルチェンジ!!

TMAX530の2017年モデルが発表されました!!
スタンダード仕様の「SX」と、クルーズコントロールシステムや電動調整式スクリーンの採用など快適装備を充実させた「DX」の2タイプ。
いずれもABS標準装備。
4月7日発売予定です!!


カラーは「SX」と「DX」で各々2色展開。

TMAX530 DX ABS
マットダークパープリッシュブルーメタリック1(マットブルー)

ダークグレーメタリックS(ダークグレー)

TMAX530 SX ABS
マットシルバー1(マットシルバー)

ダークグレーメタリックS(ダークグレー)



2017年モデル「TMAX530」の新たな特徴
TMAX530 2017
1) YCC-TおよびTCS、走行モードを選べるD-MODEなど電子制御技術を採用
 当社スクーター初となる電子制御スロットル「YCC-T」を採用、”滑らかなレスポンス”と”スポーティなパワー”を両立させています。さらに濡れた路面や未舗装路での滑らかな発進性を支えるTCSを採用しました。D-MODEは走行環境や好みにより走行モードが選択可能で、市街地での扱い易さを重視した「Tモード」、パワーやスポーティな走行フィーリングを重視した「Sモード」の2種類のモードを楽しめます。

2) 新設計アルミフレームなどによる軽量化(「SX」では現行比7kg減)
 新設計の軽量アルミダイキャストフレームを採用したほか、2次駆動用のVベルトは軽量で強度に優れた25㎜幅ベルトとし、あわせて前後プーリーも新作。バネ下重量低減を図る新作4.50インチ幅リアホイール(現行5.00)、軽量タイヤ、樹脂製リアフレームなどの相乗効果で大幅な軽量化を行いました。

TMAX530 2017 新フレーム

新フレーム

3) 駆動感を伝える新設計リアアームとリンク式モノクロスサスペンション
 新設計のアルミ製リアアームを採用、現行比で40㎜ロング化し、駆動力変化に伴う対地角変位量を最適化。これに新設計のリンク式モノクロスサスペンションを組み合わせました。軽量ボディとの相乗効果で、自然な操舵感、優れた旋回性、素早い切り返しを楽しめます。
「DX」にはリアサスペンションの初期荷重と伸側減衰力の調整機能を備えています。

4) 大容量シート下トランク
 シート下トランクは、新設計のフレームと樹脂製ボックスとのコンビネーションでスペース効率を向上。ジェット型ヘルメット2個収納が可能※となる大容量収納スペースを確保しました。

※サイズ・形状によって入らない場合もあります。

5) 軽快感と質感を向上させた新しいデザイン
 スタイリングはTMAXのアイコンとなるブーメラン形状の折込など、そのDNAを受け継ぎながら、エクステリアでは、精悍で引き締まったフロント周りと40mm伸びたリアアームの存在感を強調することによって軽快感のあるスポーティなプロポーションを実現しました。インテリアでは、塗装部品を増やして新規性を演出、レッグシールド左右のリッドには職人手作りの成形型によるテクスチャーラインを入れるなど高級セダンのようなイメージを醸し出すエレガントな印象を実現しました。カラーリングでは、金属感を強調しエレガントな佇まいを感じさせる”マットブルー”を「DX」に設定、随所にヤマハレーシングスピリットを感じさせるブルーを配色しスポーティ感を強調した”マットシルバー”を「SX」に採用。”ダークグレー”を両グレードに設定しました。

TMAX530 2017 テクスチャーライン

テクスチャーライン

6) その他の新フィーチャー
 2連アナログ&3.5インチモノクロームTFTメーターパネル、モーターサイクル感覚の走りにあわせた新ライディングポジション、メインスタンドのロック/解除等機能も可能なスマートキー、グリップヒーター&メインシートヒーター(DX)、クルーズコントロールシステム(DX)、電動調整式スクリーン(DX)など。



メーカー希望小売価格は、
TMAX530 DX ABS
1,350,000円 [消費税8%含む] (本体価格 1,250,000円)

TMAX530 SX ABS
1,242,000円 [消費税8%含む] (本体価格 1,150,000円)
2017年4月7日発売予定です。





カテゴリー: ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

TMAX530がモデルチェンジ!!"