福岡博多区の中古バイクショップ・新車ヤマハスポーツバイク正規取扱店アーバンゲットです。

新入荷バイクをもっとみる>>


レンタルバイクをもっとみる>>


福岡博多区の中古バイクショップ・新車ヤマハスポーツバイク正規取扱店アーバンゲットです。

来店されたお客様からはよく「バイクが綺麗だね」とご評価をいただいております。

バイクの購入は一度の来店ではなかなか決められないことも多いと思います。
お昼休みや夕方の帰宅時のちょっとした時間にお気に入りのバイクを探してみてはいかがでしょうか。
いつでも気軽にバイクを見にお越しください。

車両の購入からアフターサポートまで丁寧に。バイクライフのトータルサポートをアーバンゲットにお任せください。


アクセス

福岡空港よりお越しの方:地下鉄空港線福岡空港駅から一つ隣の東比恵駅・二つ隣の博多駅からがアクセスしやすいと思われます。

博多駅より博多口を出て、博多バスターミナル発の41番のバスにお乗りください。

東比恵駅3番出口より地上に出て、駅前のローソンをすぎてバス停比恵で41番のバスにお乗りください。西鉄バス時刻表:比恵→東那珂

上半道橋・東那珂で降車して徒歩5分、黒い建物に赤い文字で「YAMAHA アーバンゲット」の看板が目印です。

車・オートバイでお越しの方:県道112号(旧3号線)を大野城・大宰府・熊本方面へ、サンゲツさんの福岡ショールーム隣、釣り具のキャスティングさん、トヨタカローラさんの向かいです。

営業時間: 10:00~19:00
定休日: 毎週火曜日・第2水曜日
TEL:092-483-7600

お電話にてお問合せ頂いた際には、
●バイクの購入をご検討の方はご検討中のバイクの車種を、
●当店でお買い上げいただいたバイクに関してのお問い合わせは、お買い上げいただいたバイクの車種を、
お電話された際にお伝えいただけましたら担当者まで迅速にお繋ぎ致します。お手数をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます

INFO

2016.7.28

XSR900 MT-07 MT-25 SR400を比較!

 

 

さいきんXSR900、MT-07、MT-25、SR400の4車種で悩まれてるという方が意外と多く、
ご検討の際の参考になるようにそれぞれの車種を比べてみました。
(このなかにSR400が混じると少し不思議な感じもしますが、前々から興味があって~と、ご検討されてる方が結構いらっしゃいました。)


乗り味は!?


MT-25
高回転エンジンなので、250ccの中では昂揚感を楽しめる車両。(店長坂井談)
気持ちよく高回転まで回るエンジンを、YZF-R25と違って前傾の少ないポジションで楽しむことができる。(久保談)
ツインエンジンの印象が変わるほど高回転まで回る優秀な250cc車輌(西村談)


MT-07
まるで250ccに乗っているような軽快な感じで乗れる。トルクがすごい。750ccクラスではまずない軽量さ。実際に乗ると驚きます。(店長坂井談)
このクラスでは抜群に軽い。(久保談)
街乗りから、中距離ツーリングまでこなしてくれる普段使いのしやすい相棒的車輌(西村談)



XSR900
同クラスの他の車両とくらべても圧巻の激しい走りを楽しめます。(店長坂井談)
Aモードは強烈な加速をみせてくれます。まさにじゃじゃ馬な乗り味。ですが、Bモードで走ればぜんぜん扱いやすいですよ。(久保談)
モード切替による乗り味の変化に驚き!!これ以上の排気量車はいらないと思えるほどのパワフル。デザインもGOOD!(西村談)


SR400
マシンと会話を楽しむバイク。(店長坂井談)
新車で買える旧車。金属の暖かみを感じるバイクです。(久保談)
カスタム性に優れ、いろいろな変化を楽しめる飽きのこない車輌!1台は所有したいヤマハの名車!(西村談)


MT-25、MT-07、XSR900試乗車置いてます>>「MT-07試乗車、8/21まで置いてます!」


メーカー希望小売価格は!?

MT-25: 523,800円
MT-07: 699,840円
XSR900: 1,042,200円
SR400: 550,800円

MT-25とSR400が同じくらいの価格。


燃費は!?

MT-25: 実走約25~30km
MT-07: 実走約20~25km
XSR900: 実走約18~20km
SR400: 実走約22~28km

MT-25がちょっといいですね!


維持費は!?

MT-25: 車検がなく自動車税1年毎3,600円
MT-07: 一般的な車検費用がおおよそ50,000~65,000円(整備内容により変動) 自動車税1年毎6,000円
XSR900:一般的な車検費用がおおよそ55,000~70,000円(整備内容により変動) 自動車税1年毎6,000円
SR400: 一般的な車検費用がおおよそ50,000~65,000円(整備内容により変動) 自動車税1年毎6,000円
このほか任意保険費などがかかってきます。

やっぱり250ccのMT-25が維持コストは抑えられます。


車重は!?

MT-25: 165kg
MT-07: 179kg
XSR900: 195kg
SR400: 174kg

XSR900、CB400スーパーフォアより軽いんですね! (CB400のカタログ記載値は197kg)


足つきは!?

シート高

MT-25: 780mm
MT-07: 805mm
XSR900: 830mm
SR400: 790mm

数字を見てもよくわかりにくい。。。
ヤマハの公式サイトに身長156cm、170cm、178cm、
それぞれの足つきぐあいをわかりやすく写真にしたものがあります。


MT-25


左:156cm 真ん中:170cm 右:178cm


MT-07


左:156cm 真ん中:170cm 右:178cm


XSR900


左:156cm 真ん中:170cm 右:178cm
うちにも身長178cmのスタッフがいますが、写真のモデルさんのように足がベタつきにはならなかったです(笑)


SR400


左:156cm 真ん中:170cm 右:178cm


写真でみるとSR400が安心して乗れそうですね。MT-07もハンドル位置がちょうどよく乗りやすそうです。
(出典:yamaha-motor.co.jp)


おすすめのパーツは!?

MT-25

MT-25 クールメッシュシートカバー
クールメッシュシートカバー
シートが熱くならないので夏場はおすすめ!


MT-25 スポーツスクリーン
スポーツスクリーン
つけてるとやっぱり乗ってて楽です。


MT-25 プラナス スリップオンマフラー
PRUNUS スリップオンマフラー
純正オプションでこのかたちですよ!おすすめです。(西村談)

装着しました>>「YAMAHA MT-03にPRUNUS(プラナス)マフラー装着!!」


MT-07

MT-07 サイドスライダー
サイドスライダー
純正が車体に違和感なく装着できておすすめできます。


MT-07 ミドルスクリーン
ミドルスクリーン
よく依頼されてつけてます。(西村談)


MT-07 ETC
二輪車用ETC車載器 MSC-BE51
これも高確率で装着の依頼を受けます。(西村談)


MT-07 カーボンアンダーカウル
カーボンアンダーカウル
かっこいいです!(西村談)


XSR900

XSR900 ローダウンリンク
ローダウンリンクキット
足つきが断然良くなります!
詳しくはこちら→→「XSR900をローダウン化」
ローダウンすると低くなった分、する前とくらべて寝かしこみができなくなりますが、
サーキットで走るといった本気の走りを求める方以外はおそらく気にならない違いだと思います。
足つきがよくなることで得られるメリットの方が大きいかなと思います。


XSR900 アルミシートカウル
アルミシートカウル
西村いちおし!


SR400

pr015
ブリヂストンのBT45
グリップの良いダンロップのTT100GP、耐久性が良く長く使えるメッツラーのME77と比べて、
グリップとタイヤの耐久性のバランスが良くおすすめです。
ナチュラルなハンドリングを楽しめます。(久保談)


SR400 パワービーム 装着

SR400 パワービーム装着
ヤマハパワービーム
年季の入ったライダーさんからも評判の良いパワービーム。不快な振動が減って乗り心地がよくなります。(←アーバンゲットで装着した時の写真です。)


結論として

維持コストも考えるならMT-25。
スタイリッシュかつちょうどいいMT-07。
パワーとスピードを求めるならXSR900。
乗りたい!というインスピレーションに導かれたらSR400。


SR400の在庫一覧はこちら>>

XSR900の在庫一覧はこちら>>

YAMAHAバイク在庫一覧はこちら>>